50歳からの転職|必要とされる人材とは?

*

リクナビNEXT[転職者のおよそ8割が利用]
詳細
★★★★★
幅広い年齢層を扱う、転職サイトの決定版。無料会員登録者にはより便利なサービスを提供!全サービス無料で利用できます。

簡単1分登録公式サイトはこちら

50歳を超えても転職はできる!

 アベノミクス効果や東京オリンピックの開催決定などもあり、日本もようやく長い不景気を抜けつつあります。

 住宅ストックが増え続けていることでリフォーム業界が、復興と大型の公共事業増加で仕事が急増している建設業界、慢性的な人手不足に悩む介護業界だけでなく、これまで中高年の採用に消極的だった企業が求人を出し始めるなど、50歳の転職にも追い風が吹き始めています。

 この背景には、長い不況で新卒採用より中途採用を優先したことで、社内に人材育成のノウハウがなくなったことを受け、個人ではなく企業全体の成長を促すノウハウを持った、中高年の採用を始めるところが増えたことがあげられます。

 企業のニーズとマッチングする能力があれば、50歳でも納得のいく転職を実現することができるのです。ただし、そのためには自分の市場価値を冷静に見極め、自分の能力が活かせる職場を探すという観点を持つことが大切です。

2.50歳だから持てる能力とは

 正社員として転職活動を行う50歳であれば、これまでに特定の分野で専門スキルを得たり、組織運営に携わったひとがほとんどでしょう。中間管理職として、上司と部下の間でさまざまな調整を行い、業績アップのために尽力した経験を持っていることは、大きな強みといえます。

 また、好景気にわいたバブル期も、その後の長い不況も経験したことで、土壇場での強さや、逆境を乗り越える知恵とノウハウを持っていることも、他の年代にはないアピールポイントになります。そうした能力を、自分の業務だけでなく、組織に派生させられる影響力があることを証明できれば、ライバルに大きな差をつけることができるでしょう。

 一方で、50歳までに華々しい経歴や実績を積み上げてきたひとは、自分のスタイルだけが正しいと思い込む傾向が強いというマイナス面もあります。転職するということは、新しい職場になじむことが前提ですので、あなたのそれまでの経歴や実績、スタイルが、そのまま受け入れられることはないという覚悟が必要です。

 企業が必要としているのは、過去の栄光ではなく、そこで培ったノウハウを、会社の後進の伝えられる能力です。ここをはき違えると、いつまでも内定が出ない事態に陥りますので、謙虚な気持ちで転職活動に望みましょう。

3.50歳の人材を欲しがる企業の傾向

 50歳以上を正社員として採用しようとする企業には、思惑があります。

 事業戦略上、即戦力となって組織を引っ張る人材が欲しいケース、会社の増益のために新規事業の立ち上げを担う人材を探しているケース、上場企業を目指して社内のしくみを整えたいと考えているケースなど、求めるニーズは全然違います。

 50歳以上の求人を探すときには、仕事内容をチェックするのはもちろんですが、応募企業のホームページなどにアクセスし、企業理念やビジョンを確認することで、入社後にどんな役割を担うことを求められているかを、リサーチすることが不可欠です。

 自分のこれまでの経験と、そこで培った能力が、企業のニーズとマッチすれば、年齢は採用の弊害にはなりません。求人票の給与や待遇だけではなく、定年までに自分が応募企業にどんな貢献ができるのかを常に念頭において、仕事探しをすることをおすすめします。そうした意識と作業は、応募書類や面接のときに、ライバルに差をつけるポイントにもなります。50歳以上であれば、経営的な視点もあって当然と思われますので、企業の立場にたった自己アピールの方法を考えましょう。

4.転職サイトでハイクラスの求人を探すには

 転職サイトは、無料で登録でき、希望条件に合った求人を知らせてくれるので、いまや転職活動には不可欠なツールです。実際に登録を始める前に、自分が望む企業の規模や勤務地、業界、職種などを考え、それぞれに強い転職サイトに複数登録することから始めてください。転職サイトも、運営する企業によって、取り扱う求人が異なります。たいていの転職サイトでは、自分の経歴を登録しておくと、企業からスカウトがくるサービスを提供していますので、複数に登録して、自分に有利な求人を一つでも多く確保できるようにしておきましょう。

 また、転職サイトの中にはハイクラス求人や、エグゼクティブに特化した求人情報を提供してくれるところもあります。キャリアアップやレベルアップを目指す転職を実現したいなら、こうした転職サイトを活用するのが一番です。さらに、登録者と企業をマッチングして紹介する転職エージェントと連動している転職サイトなら、鬼に金棒です。中高年の求人は非公開とされるケースも多々あるので、独占求人が多い転職エージェントの方が、条件のよい求人を探しやすいというメリットもあります。自分に有利な条件を引き出すためにも、手間を惜しまず、より多くの転職サイトに、魅力的なレジュメを登録することを徹底してください。

50歳の転職で何を実現したいかを明確に

 ところで、あなたが50歳になって転職したい理由とは、一体何なのでしょうか?それが現職の給料の安さや、休日の少なさ、職場での人間関係などの場合、転職活動でもっとよい職場に出会える可能性は、かなり低くなるはずです。人件費が高い50歳以上の中途採用者を受け入れる企業は、その投資に見合うだけの成果を当然求めます。

 それは、営業としての売り上げ確保の場合も、経営企画や財務の場合もありますが、企業にとって、魅力的な価値をアピールできなければ、50歳の転職は成功しません。自分の条件に固執するあまり、いつまでも転職先を見つけられない中高年が、本当にたくさんいます。ですが、企業のニーズに合わない人間を採用できるほど、日本の企業には体力がありません。50歳の転職で自分が何を実現したいのかを明確にし、その点でマッチする求人を探すのも、転職を実現するには有効な方法です。

 ただし、転職によって年収がダウンしたり、職位がなくなることも十分にありえます。それでもやってみたい仕事、魅力的な企業だと感じたら、入社後に自分がどんな貢献ができるかを考え、それを応募書類や面接でしっかり伝えましょう。大事なのは、自分の価値を高めることで、それはこれまでの積み重ねによるものです。自分の市場価値を認識したうえで、妥協すべきところはして、生きがいを持って働ける職場を探してください。

公開日:
最終更新日:2015/11/30